Focus E15 Campaign(村上潔訳)「満員の区議会で区長にぶつけられたニューアム住民の訴え」

2019/09/13 村上 潔

【原著(Original text)】
◇Focus E15 Campaign, 2019, “Newham Residents’ Complaint to Mayor at Full Council Meeting”, Focus E15 Campaign, July 16, 2019, (https://focuse15.org/2019/07/16/newham-residents-complaint-to-mayor-at-full-council-meeting/).

◆ニューアム区議会への代表団

〈ブリムストン・ハウス[Brimstone House]〉の住人たちは、ロクサーナ・フィアズ[Rokhsana Fiaz]区長〔(2018年選出/労働党)〕ならびに〔2019年〕7月15日月曜日にストラトフォードの区庁舎で開催された労働党で埋まる区議会に対して、パワフルな女性たちが率いる代表団を組織した。彼女たちは、〈フォーカス E15[Focus E15]〉キャンペーン〔→〕が〈公益法律相談所[Public Interest Law Centre]〉〔→〕とともにまとめた訴状の提出について演説した。その訴状は、ヴィクトリア・ストリートにある区が所有する建物、〈ブリムストン・ハウス〉における、一時的かつ緊急の宿泊施設の劣悪な状況に関するものだ。

【写真キャプション】〈ブリムストン・ハウス〉の住人代表団は、ニューアム区との一年にわたる会合が、大半の住人にとってはほとんど変化が見られないものだったことを受けて組織された。

〈フォーカス E15〉キャンペーンのメンバーの一人、ハナは、代表団の間で起きていることを述べた。「母たち・妊婦たち・ティーンエイジャーたちの力強い説得力のある言葉は、どんなに冷淡な者たちをも戦慄させる。これは人間に対する扱いではない。大人たち・子どもたちの生活は、一時的宿泊施設で暮らすストレスによって、身体的・精神的に破壊されている」。〈ブリムストン・ハウス〉の住人の一人、マーシャはこう説明した。「私たちは悩みの種を抱えて暮らしている。いつ新しい住居をあてがわれることになるのか。どこに住むことになるのか。知っての通り、私たちの多くは、自らのコミュニティと家族から引き離されるのを拒んだがゆえに、脅され、「意図的なホームレス」とラベリングされてきた」。もう一人の住人、エグウォロは言う。「〈カーペンターズ団地[Carpenters estate]〉の空き家になっている住居は、あなたたち〔議員〕が区長の陰で〔彼女のために〕残すであろう遺産の証しだ。あなたたちによいイメージをもたらさないその存在には、何〔の対処〕もなされることはない。いや、それどころか取り壊されてしまう」。

【写真キャプション】〈ロンドン黒人女性プロジェクト〉の支援者たち、〈ブリムストン・ハウス〉の住人たち、〈フォーカス E15〉キャンペーンのメンバーたちは、会議室から出て、共に「言葉ではなく行動を!」と叫んだ。

当該ロンドン自治区〔=ニューアム区〕内の女性支援事業への致命的な予算削減に抗議している〈ロンドン黒人女性プロジェクト[London Black Women’s Project]〉〔→〕の支援者である50人以上の女性たちもまた、区議会に参列した。彼女らはみな互いに助け合いながら、団結して立ち上がった。支援事業に対する自治体の予算削減の問題と、居住の問題は、つながっているからだ。区の対応の欠如に対する不満の表明は、会議室から外に出て、建物中に鳴り響く声で「言葉ではなく行動を!」と叫ぶことによって締め括られた。その後は、外の路上で活気あふれるデモが繰り広げられた。バナー、プラカード、そしてさらなるシュプレヒコールで、一時的に交通は遮断された。


■参考
◇Focus E15 Campaign, 20180918, “Newham Resident Bullied and Threatened with ‘Intentional Homelessness'”.=20180920 村上潔訳「いじめを受け、「意図的なホームレス」とされる危機にあるニューアム区居住者」反ジェントリフィケーション情報センター
◇Focus E15, n.d., “About Us”.=20161219 村上潔訳「Focus E15:About Us」,arsvi.com
◇Focus E15, n.d., “E15 Open House Occupation”.=20161220 村上潔訳「Focus E15:E15 公開住宅占拠」,arsvi.com