Focus E15 Campaign(村上潔訳)「いじめを受け、「意図的なホームレス」とされる危機にあるニューアム区居住者」

2018/09/20 村上 潔

【原著(Original text)】
◇Focus E15 Campaign, 2018, “Newham Resident Bullied and Threatened with ‘Intentional Homelessness'”, Focus E15 Campaign, September 18, 2018, (https://focuse15.org/2018/09/18/newham-resident-bullied-and-threatened-with-intentional-homelessness/).

〈フォーカス E15[Focus E15]〉キャンペーンは、ストラトフォードにある〈ブリムストーン・ハウス[Brimstone House]〉という名のホステル〔=簡易宿泊所〕の居住者たちと共に活動してきた。この「一時的」宿泊施設での生活が何年間も引き延ばされ、人々は、いつまで続くのか見当もつかずにこのホステルに暮らしている。居住者たちはその生活環境に怒っており、そこから出ていくことを望んで互いに準備をしている。ただし〔それとともに〕居住者たちは、職場・学校・家族・支援ネットワークから近いイースト・ロンドン内の住居に入居する自らの権利を、強く主張する。

以下の居住者の話は、ロンドンの外に追い出される危機にあることがいかにメンタルヘルスに影響を及ぼすかを浮き彫りにする。

〈フォーカス E15〉キャンペーンは、先週土曜日の〔毎週恒例の〕路上街宣[Focus E15 street stall]の際に、この居住者(匿名希望)と情報交換を行なった。

ブリムストーン・ハウス居住者の話

この居住者は5歳の子どもの母親である。彼女は12か月ブリムストーン・ハウスに暮らしてきたが、当初そこは短期間だけの緊急宿泊施設だと伝えられていた。しかしながら自治体〔=ニューアム区〕はその後、その宿泊施設は長期間の一時的宿泊施設として適する、と彼女に通知した。まるでだまされたみたいだ、と彼女は感じている。

この居住者は、うつ病を患い、パニック発作に悩まされている。この脆弱性により、彼女の家庭医は、とりわけ彼女がニューアム区内で大学の職をもっていることと彼女の娘がちょうど就学したばかりなことを考慮して、ニューアム区内の支援ネットワークに近い住居に入ることを勧めた。言い換えれば、彼女の全生活はイースト・ロンドンの中にあるのだ。

彼女は、イースト・ロンドン内のどこかに移れれば満足だが、ロンドンの外に送られるのはごめんだ、と説明する。もしそうなったら、定期的に彼女に会う余裕がない友人や家族との関係は弱まってしまうだろう。彼女はまた、大学の職を手放したくない。もしロンドンの外に追いやられたら、彼女は孤立し、病気の際に娘の面倒を見るのを誰も助けてくれないだろう。

しかしながら、完全なる恐怖である自治体は、医師の忠告を無視し、彼女に対しロンドンの外、エセックス州コルチェスターという場所をあてがった。医師は、鉄道移動への彼女の懸念から、その物件を見に行かないよう彼女に忠告した。母親は、このロンドン外部の物件を視察させるいじめの過程と〔自治体のいじめの〕文化について説明してくれた。彼女は区の住宅局の職員からこう伝えられた。もしあなたがコルチェスターに物件を視察しに行かなければ、ブリムストーン・ハウスから退去させられ、「意図的なホームレス」となるだろう、と。またこうも言われた。区はあなたの娘にだけなら宿泊施設を提供してもよいが、あなたはだめだ、と(これは、住宅課の誰か〔上の者〕が彼女を怖がらせるために社会福祉の脅しを使っている)。この時点で、彼女のストレスレベルは急上昇した。

彼女はコルチェスターの物件を視察するため電車に乗った。区が彼女に視察を強いたその物件を見つけようとしていた間に、彼女はパニック発作を起こし、結局病院に運ばれた。これは、自治体が医師の忠告を知りつつ無視したことが招いた重大な憂慮すべき結果であり、この若い母親がストレスを受けていることを示している。

住宅課はまるでこの事例から学ぶことを拒むかのように、その後彼女にロンドン外部の〔エセックス州〕ティルベリーの物件を提示してきた。彼女は〈フォーカス E15〉キャンペーンのメンバーたちに、自身のメンタルヘルスが悪化したことを伝え、この最新の提示のことを訴えている。

〈フォーカス E15〉キャンペーンは、人々をコミュニティから強制退去させることに反対し、社会浄化[social cleansing]にノーと言う。私たちは、ブリムストーン・ハウスの居住者たちが、支援ネットワーク、職場、子どもの学校、そして医療提供の場から近い自らのコミュニティのなかで居住できるよう要求している。ブリムストーン・ハウスの居住者たちは人間だ!

〈フォーカス E15〉の路上街宣に参加して。今週土曜日、ウィルコ[Wilko]〔ストラトフォードの大型ディスカウントショップ〕の外で。昼12時から午後2時まで。


■参考
◇Focus E15, n.d., “About Us”.=20161219 村上潔訳「Focus E15:About Us」,arsvi.com
◇Focus E15, n.d., “E15 Open House Occupation”.=20161220 村上潔訳「Focus E15:E15 公開住宅占拠」,arsvi.com